about

mina_minaについて

mina_minaは、古民家風パン屋です。
ゆったりとくつろいでいただける空間と美味しいパンをご用意しております。

ニコニコと、毎日コツコツ、パンづくりをしています。

店名の「mina_mina(ミナミナ)」はある本の中にあった言葉で、アイヌ語で「ニコニコする」、サンスクリット語で「ご縁」という意味があります。ニコニコとお客様をお迎えし、パンを召し上がったお客様にもニコニコしていただきたいという思いが込められています。 “毎日コツコツ続けること”を大切にしながら、丁寧にしっかりとしたモノ作りを心がけています。

“もっちりしっとり”食感のパンづくり

基本的にはどのパンも水分を多くし、低温長時間発酵させて、高温で一気に焼き上げることにこだわっています。これが“もっちりしっとり”食感の秘訣です。添加物は一切使わず、焼き菓子を除く、すべてのパン生地に卵は入っておりません。菓子パンには無味無臭の太白(たいはく)ゴマ油を使っています。また、バターはすべて北海道産の四つ葉バターですが、乳製品は極力使わないようにしていますので、アレルギーの方にも安心です。見た目は上品でありながらも、お得感のあるボリュームになるように気を付けています。

まったりできる、居心地のいいカフェスペース

お店は町家をリノベーションしたもの。最初は庭づくりからスタートして、庭の周りに空間を作っていきました。カフェスペースは、最初は考えていなかったのですが、「やっぱり、焼きたてパンを召し上がっていただきたい!」という思いで作ることに。吹き抜けの開放感ある空間や、木のぬくもり、自分たちで塗装した手作り感を味わっていただけると思います。イスは北欧のアンティーク・そして、薪ストーブは火があるところに人が寄りあう感じがいいなと思って置いています。冬は火のあかりを見ながら、焼きたてパンや温かいコーヒーを召し上がっていただけます。

パンはもちろん、カフェでお出ししているコーヒーもとても美味しいので、是非お試しください。「カフェタイム」のスペシャリティコーヒーを使っており、紅茶は四条烏丸の「ムレソナティーハウス」のものをお出ししています。味と品質をきちんと自分の舌で確かめた上で、パンに合う最高の飲み物をご提供したいと思っています。